ペルシア
ギャッペ
キリム
その他
雑貨

▽キーワードで選択


特典付メルマガ会員
メルマガ購読解除


はじめての方へ
購入方法案内
お問合せ
体感ギャラリー案内
業者の方へ
会社案内


エポックス株式会社
安城市赤松町北新屋敷193-1

シーガルフォー通信販売

ペルシアじゅうたんは、最初に裏をみてください。表面とほぼ同じ柄が出ているものは手織りじゅうたんです。機械織りは裏が布か、ジュートになっています。
裏にぼけたような柄が出ているがジュートの横線が強く透明な接着剤で固めたごわごわした手触りのものはウィルトンという種類の機械織りです。

中国段通に関しては良くわかりません。ただ、房がついているから手織りと判断してはいけません。最近は機械織りのじゅうたんの端に手織り風に見せるための房をつける機械が使われているようです。


高品質なペルシア絨毯は裏面をルーペで観察し、結び目を数えてノット数で表すこともあります。しかし、ラフに織られたギャッベなどはノット数では判断できません。

本物の手織りじゅうたんは基本的には1点制作です。たまにペアーで作られることもありますが、同じ絨毯は世界に2つとなく、品質の目利きをするのが大変難しいものです。


もともと産地ごとに品質規格の基準が違っていますし、最近では産地伝統の織り方の特徴も入り混じって制作されておりさらに判断が難しくなっています。


購入する前に多くの絨毯を見て出来れば踏んでみて自分の目を肥やしてからお求め下さい。ただし、その柄、そのサイズのものは1点しかありませんのであまりゆっくりとしていると売れてしまい、口惜しいことになります。
買う前に専門家の意見を良く聞いて参考にすると良いでしょう。


品質と価格だけにとらわれずインテリアとしてデザインと色彩がお部屋にマッチするかどうかといった判断も大事です。

絨毯は部屋の床に敷くだけでなく、玄関の壁にかけて絵画と同じようにタペストリーとして利用できます。

高級な薄いものはテーブルクロスとしての利用もできます。オールドキリムで作られたクッションカバーも素敵です。


ペルシャ絨毯の種類
キリムとは
その他の手織り絨毯
絨毯の選び方
品質の見分け方
絨毯のお手入れ
床暖に最適な絨毯
ストーブの前の絨毯
絨毯の癒し効果
お部屋の空気を浄化
冬暖かく、夏涼しい
絨毯関連リンク集

@
CopyRights(C) 2002 Epox.Inc. All Rights Reserved.
administration